女性

きれいな印象の良い顔へ

顔の手入れ

鏡をふと見てみると、いつの間にか顔にニキビができている。ニキビのある顔は人によってはたいへん不潔で印象が悪く受け止められてしまいがちです。その発生のメカニズムとその対策について説明していきます。ニキビの発生にはストレス等心理的要因のものと、季節の変わり目などによる気候の変化・睡眠リズムの乱れによる物理的要因のふたつがあります。心理的要因によるものは、自立神経のバランスが悪化が原因で男性ホルモンであるテストステロンの分泌に異常をきたすため、肌の皮脂が多くなり、ニキビのできやすい状態になります。ストレスの緩和が解消の第一条件ですので、ストレスを軽減できるような趣味やリラックスできることを日常生活に取り入れていくことが大切です。適度な運動なども習慣にすることもストレス発散法に最適です。他にも足浴や半身浴なども、自立神経系のバランスを整える副交感神経を優位に維持できるのでおススメです。物理的要因は、夏場クーラーのききすぎた肌寒い屋内にいたり暑い屋外に出るなどで、体温調整が頻繁に行われることで自立神経が崩れるためニキビが発生しやすくします。気温が安定しないことが身体に大きなストレスを与えてしまうことが大きな要因でしょう。それをうまく緩和するには、体温調整がしやすいよう羽織りを用意するなど準備しておけば大丈夫です。気温の変化に身体がうまく対応できないこと以外にも、睡眠サイクルが悪いことも原因ですので、このこともまた半身浴などでリラックスさせ、副交感神経を優位にしてやることが対策となります。

次に、ニキビ対策のスキンケアの方法を紹介していきます。ニキビは皮脂の過剰分泌や汚れの他にも乾燥も原因となります。ニキビ対策には洗顔による乾燥にも目を向ける必要があります。洗顔時に注意して欲しいのはあまり強い力で行わないことです。男性の方で特に多く見られる洗顔方法です。ゴシゴシと強すぎる力でこすることで、皮脂を必要以上に奪ってしまいます。皮脂とは肌の表面を保護するために水分を保てるよう蒸発を防いだり、乾燥してしまうことから守る役割があります。そのための皮脂を洗顔によって排除し過ぎてしまいますとそのバリアが肌からなくなってしまい、ニキビのできやすい乾燥肌の状態になってしまいます。回数が多すぎることも皮脂を奪い過ぎてしまう原因となりますので朝晩一回ずつ程度にとどめておくと良いでしょうスキンケア以外にも、食事方法を改めることでもニキビの発生を防ぐことができます。意識的に摂取していきたい栄養素はまずはビタミンAです。肌の代謝を良くすることで肌の生まれ変わりを促し美しい肌に整えてくれます。ホウレンソウやニンジン、うなぎやレバーに多く含まれています。次に美肌といえばビタミンCです。ビタミンCはキャベツやパプリカ、水菜などから得ることができますが、より美肌を目指すならばコラーゲンを含む牛スジや鶏皮を同時に摂ると効果的です。他にもニンニクなどに含まれるビタミンBや、アンチエイジングの代表であるアーモンドから得られるビタミンEもニキビ対策に効果的です。食事療法による内側からでもニキビから肌を守り、美肌を保つことができます。