顔の手入れ

皮膚の病気

女性

ニキビが発生する原因は年齢などから、大きく三つに分類することができます。一つ目は、ホルモンバランスの乱れが原因によるニキビです。こちらは、思春期の人なりやすいです。二つ目は、生活習慣が原因で起こるニキビです。生活のリズムが安定しにくい働く世代の25歳から45歳の人がなりやすいといわれています。三つ目は、お化粧などが刺激となって起こるニキビです。お化粧をすることがない男性よりも、お化粧をする女性の人がなりやすいといわれています。ニキビもまた大きく三種類に分けることができます。一つ目は、面皰と呼ばれる皮脂の塊が詰まってしまっている状況です。こちらは、専用の器具を使って取り出してしまうことがあります。二つ目は、炎症を起こしてしまった状態です。こうなってしまった場合、痛みが生じ気になって触ってしまうことがありますが、刺激によって色素が沈着し痕になってしまうことが多いので触らないようにしましょう。また、この状態を放置すると膿を持ってしまって、より痕が残りやすくなってしまいます。三つ目は、詰まったニキビの表面が酸化して黒くなってしまった状態です。痛みを生じることはないですが、黒いのでとても目立ちます。今までニキビの特徴などを書いてきましたが、どのニキビも適切な治療を受ければ、痛みを早く沈め、痕を目立たなくし、ニキビになりにくくすることもできます。しかし、一回の受診で終わることは非常にめずらしいケースで複数回、長いと数か月の通院が必要になります。

自分自身でニキビになりにくいように工夫することもできます。そこで重要になってくるのは、肌を清潔に保つこと、肌への刺激を少なくすること、生活のリズムを一定にすること、食生活を改善することです。肌を清潔に保つ上で重要なのが、洗顔です。このとき、使う洗顔料は刺激の少ないものを選び、洗顔する回数は多くても一日に4〜5回を限度するとよいでしょう。過度の洗顔は肌への刺激になってしまいます。働くが女性は欠かすことのできないお化粧も肌の刺激となってしまいます。ですが、しないわけにはいきません。その場合は、担当の医師から化粧品に関する指導を受けて、肌にやさしい化粧品を選ぶようにするとよいでしょう。一般的にアルコール系を含む化粧水などは刺激となりやすく、ファンデーションなどは毛穴を塞いでしまいやすいです。生活のリズムは就寝時間、起床時間、睡眠時間や食事の時間を指すことが多いです。休日も平日と同じリズムで生活するとより生活が乱れにくいです。食生活は、脂質、糖質やアルコールの過剰摂取を控えることがとても大切です。また、食べる食品群や材料の偏りを減らすことも大切です。夜の食事の量を減らし、その分朝食べるとよりニキビのためだけでなくより健康的です。消化しやすいものを選ぶのも大切です。タンパク質が多いお肉などは消化するのに8時間かかってしまう場合があり、睡眠中も活動しなくてはならなくなってしまうと、体が休まらずにストレスが知らず知らずのうちに溜まってしまうことがあります。またこれらの生活習慣を意識して行っていても、なかなかニキビの状態が良くならない、あるいは痕が消えないというのであれば、整形外科に行って治療してもらいましょう。いまはアンチエイジングやプチ整形と呼ばれるもの以外にも、整形外科ではニキビの治療にも力を入れています。価格は場所ごとに違うので、予めいろいろなところを比較しながらどこで治療をするのかを決めていきましょう。

きれいな印象の良い顔へ

顔の手入れ

ニキビが発生してしまうメカニズムと対策方法、そしてそのための日常におけるスキンケアと食事方法について説明しました。どれも意識していけばできることばかりのはずです。自己流の誤った方法ではニキビをより悪化させてしまいますので、正しい知識を持って行うことが一番大切です。

詳細を確認する...